CINQ555

1163


間もなく大型連休がやってきますね!
本日23日から29日まで、ネットショップ・店頭販売はセールとなります!
一部特価商品やブリードプレコは対象外となりますが、生体は20%、器具類は10%引きとなります!

また、店頭販売のみ、5月6日までセールしております。
どうぞ、この休日を利用してご来店いただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


キクラ・メラニアエが入荷しました!
ブリード個体ではありますが、顔つきもしっかりしていてカッコいいです。
キクラの在庫も、メラニアエ、インターメディア、ピクティと良いところがおります!



じっくり仕上げたい魚ですね。



こちらは撮り直し!
メガメリニは落ち着くとスポットが出て、らしくなりますね!


アイバンド系でも大型な方なので存在感も抜群です!


こちらも撮り直しました!
tomo産のプリストブリコンsp.です。
フォルムだけ見るとタナゴ連想して採りにいきたくなっちゃいますが、大型の個体は体高が出てこんな感じじゃなくなります。
ピゴ系などのピラニアと比べると優しい印象の顔をしていますが、カッコいい魚です。


模様も、優しく燃えるようなオレンジと、エッジにははっきりと白色が乗り、上品な感じで美しいです。
ピラニアとしても同種混泳もできますし飼いやすいです。

本日は山の更新でした!
子供のスネークスキンはちょくちょく入荷しておりますが、今回は27㎝!ビッグサイズのスネークスキンが入荷しました!



また、今回はアラグアイア産です。



ヒポストムスでも体高があって、模様も個体差あるので人気のあるプレコです。
こんなサイズの入荷は稀ですので探されていたというからも居るかと思います!



なんとも随所に美しさを感じます。


ご紹介漏れしてたコリドラスがおりましたので、写真を撮りました。


スーパーエクエス。
こちらは個体差こそ少ないですが、単純になんとも綺麗なグリーン?ブルー?系の色を持っていて美しいです。
ちょこちょことよく泳ぐので群泳映えするコリドラスです。
丈夫で温厚なので混泳にも向きます。


ブレビロストリスです。
背びれがぐんぐん来るコリドラスで、他の背びれ系コリドラスの陰に隠れがちですが随一の背びれを持つコリドラスです。


こちら、デュプリカレウス。
ブリード個体もよく出回るようになりましたが、ワイルド個体です。
年中いるブリードと違って欲しい時に居なかったりする魚ですね。
ワイルドのコリドラスでも繁殖させやすい種なので、ワイルドで狙ってみるならお勧めです。


以上、山の更新でした。


ロブストゥスと言えば、プルス水系の産地不詳での入荷が多いですが、今回はIpixuna川産ということで入荷しました。


コリドラスの中でも特に大きくなる種としてお馴染みです。
模様も格好良く鰭の伸長も著しいので、今も昔も変わらず人気が高いです。


個体ごとに模様もジャンクションライン付近で模様がつながる個体、途切れる個体と居たりで意外とバラエティに富んでいます。



サイズを抜きにしても存在感の強いコリドラスの一つですね。
今回、全個体アップできてますのでお好みの個体を見つけてください。

完全に余談ですが、手書きで「ロブストゥス」と書こうとすると「ロズトゥス」と書いてしまってることがあります。
本日は山の更新でした。


問屋さんから一匹のみ入荷しておりました。
クレニキクラ・スベニです!


あの人気のゲオと同じくスベニの名前を持つ魚です。
最大サイズも25㎝ほどと、中型パイクと言えるサイズです。


とてもカッコいいですよ!



こちらは写真撮りなおして見ました。
belly crawlerは、小型のパイクです。
現在はメチニスやプレコと同居しております。


現在12㎝ほどですが、これで成魚なので十分、小型パイクと呼べる魚ですね。
いわゆるドワーフパイクのレガニ種よりも穏やかな印象です。
残念ながらこちらも現在一匹のみの在庫ですので、繁殖は狙えませんが、愛想の良い魚なのでコミュニティタンクにお勧めです。

山の更新でした。
もともとどちらもsp.ブライトビンデンに内包される魚でしたが、近年になって学者さんによって別種と定義づけられたようです。
今回、コロンビア便にてメガプテラとして来ている方からお先にご紹介です。


ブライトビンデン系のアピストは総じて雌雄共に気が荒い印象でしたが、どの個体も上手い事いっております。
メガプテラの名の通り、成長した雄の鰭の広がりは息をのむ綺麗さがあります。


体色自体は決して派手ではないですが、アピストの源流の美しさを見せてくれます。


まだ個体は複数おりますが、雄はなるべく綺麗なものを選び、雌はサイズを合せるようにして選んでます。
結構雌雄判断の難しい種ですね。


続いてピアロア。


黄色みが強い、とか言われたりします。
それもあって雌雄選びに少し苦労していました。


今回はほぼ同じくらいの大きさで各種入荷できているので、飼い比べてみると面白いかと思います。
そういう飼い方も魚飼育の醍醐味だと思えます!
しかしながら、混ざらないようにだけご注意をお願いします。
雄はまだしも雌はあとあと判断できそうもないです。


当店でも入れる水槽など注意しています!
同時入荷できるお店も少ないと思うので、どうぞこの機会に是非!

山の更新でした。
昨日の仕入れの続きです。


アガシジィの地域タイプとしても特に人気の高いテフェ産ですが、今回かなりグッとくる個体を連れて来れました。
今回は3ペア来ております。
若いサイズでこれだけ肩口の紅が濃く出てると、将来恐ろしいです。


こちらも方に紅が乗ってます。
なかなか綺麗になってくれそうです!


こちらは今のところシンプルなタイプの個体です。
ですが、そもそもテフェ産は体側のメタリックがそもそも綺麗なので、紅を排除したようなタイプは成魚になると違った雰囲気になって綺麗です。


エリザベサエも1ペアのみ入荷しました。
こちらも良い具合に赤が乗った個体です。


タエニアカラ・カンディディ!
属こそ違えど、アピストを細長ぁーくしたような体型で非常に人気があります。
派手派手ではないんですが、しっかりと色んな色が乗り上品で美しいです。
フォルムの綺麗さも唯一無二です。
今回は良いサイズで来てますのでペアにて販売です!



本日、やまの更新でした。
今日は朝から問屋さんで仕入れしてまいりました!



チャンナ・プルクラです!
近年の登場以降、安定した人気の本種です。
上記2枚の写真を見ると、青みが全然違うように見えると思いますが、反射で青く出る魚です。
2枚とも同一個体です。
この青さがなんとも絶妙で、薄く膜が張られてるような不思議な見え方をします。

カーニバルにもすでに餌付いているので非常に飼いやすいです!


こんな個体もおりました。
たまにいるんですが、背びれにご注目です。
チャームポイントですね。


ペルーアルタム!
アルタムと名前は付きますが、種としてはスカラレとされてます。
要は飼いやすくて鰭の長いワイルドエンゼルです。
スカラレとは一口に言っても、それぞれが普通のブリードされてるエンゼルとはまたタイプが違うので、甘く見るべからずです!


アルマータスカショーロです!
小さくても大人と同じ形、性格をしておりますのでこのサイズで飼っても捕食シーンなんかは興奮すること間違いなしです。


今回はドラドカショーロも同時に入荷できました!
サイズ的にも厚みがあって安心感があります。

ちょっと入荷内容多かったので明日に続きます。
本日は山の更新でした。


最も青いスネークヘッドとして認知されてるであろうチャンナ・パルダリスです。
落ち着いて発色する魚なので写真を撮り直してみました。


近年学名が付いたスネークヘッドですが、体色よりも黒いスポットに着目した名前になりましたね。


大多数のスネークヘッドと比べると、すこし毛色も違うので飼育面で特に面白いスネークヘッドたと思います。
なんとかもっと良い青色を引き出してやりたいところ。



こちら、ブラックタライロンです。
過去にはブラジル内だとトカンチンス産やカッピン産、ブラジル外でオリノコ、アタパボと入荷してますがグアニアとしては初です。
なかなか顔つきもかっこいい個体が多いです。


体色は環境・魚の気分によって大変化しますが、このタイミングのこの個体はブラックと呼ぶにふさわしいカッコいい色をしていました。


やはり明確にタライロンと呼ぶにふさわしいのはアイマラ種ではあるんですが、ことブラックタライロンと呼ばれるクルピラ種は比較的温厚とされていて、発情期でなければ混泳も狙いやすい肉食魚と言えると思います。
現在も上記3個体は混泳しております。


幼魚は現地でも群れているのでしょうか?
斜めにホバリングする姿が非常に可愛らしいです。
目も大きいので形こそ違えどメバルを彷彿とさせますね。


本日は山の更新でした。



今も昔も人気の高いプレコです!


熱帯魚の図鑑となるとプレコの項目でほぼ必ず載っている、プレコを代表する種の一つです!
模様も、しっかりとしたブラックに明るいオレンジ(イエロー)のスポットがしこたま乗って、美しいことこの上ないです!


オレンジフィンの名の通り、背びれ、尾びれの際に入るエッジが美しい個体から個体を選んで撮影しております。
トリートメントも終了し餌食いも良好な個体たちですので、飼育も安心です!



どれも同じようで、エッジの入り方、スポットの大きさ・数と違いのある魚ですので、お好みの個体を見つけてください!



同じく同じようなサイズで同じくオレンジのエッジが入るオレンジシームも在庫してますので併せて飼い比べても面白いと思います。

本日は山の更新でした。
今回は、しおかのさんブリードの個体達です。


オリノコは、小型プレコと総称されるプレコの中でもL333やL066と呼ばれるキンペコ系のプレコよりもさらに小型で省スペースで繁殖を狙える強みがあります。



もちろんこちらも色んな模様が出てくるので、楽しいです。


キンペコと比べると、性成熟自体も早いので、プレコの繁殖を経験してみたい!という場合はまずこちらで狙ってみるというのもおすすめです。

意外とアピストの飼育者の方が興味はあるけど、なんとなく手が出せない、と言われてるのも耳にします。
ろ過は考えないといけませんが、アピスト飼育ほどのスペースで十分、繁殖を狙えます。
お勧めです。


本日こちらのブログは山の更新でした。
入荷していましたティナンティが成熟し始め、1ペアのみでしたが取れましたので、ペア販売です。


雄ちょっぴりオデコが出ます。
2匹で縄張りを持っている様子なので、是非繁殖狙ってあげてください。


こちらが雌個体です。
雌はおでこ出ませんけども、体色・配色はそれほど雄と変わらず観賞価値が高いです。

アピストと比べると固定なマニアさんは少ない世界ですが、最初のステップとしてどうでしょうか。






こちら、マツブッシーもペアを追加しました。
こちらも繁殖を目指していただきたいペア売りの魚です。
いわゆるミニブッシ-の繁殖はよく聞かれるようになりましたが、こちらは難しいのでしょうか。
非常にベビーを見てみたい魚です。



ステアトクラヌス・ティナンティ。
若魚サイズも在庫しておりますが、こちらは成魚サイズです。
背びれも伸長し、淡い色が綺麗な種です!
現在のサイズでほぼマックスなので、混泳の幅も広いですね。



ステアトクラヌスsp.コンゴ。
いわゆるライオンヘッド系のこちらも底生のシクリッドですが、より頭でっかちな感じで可愛らしい系統ですね。



こちらのアドケタ。綺麗な個体なんですが入荷当初は尾びれが少し裂けておりました。
現在は見ての通り完治しております!




もう一匹おりましたので、追加しております。

以上、山の更新でした。


大人気種です。
黒いボディと厚みのある独特な体型で人気です。


体色に関しては、個体差もありますが環境に依るところも大きいので、そういった面を意識して底砂など選んでみても面白いです。


随分メジャーになり、価格もこなれて来てますので複数匹飼育をするチャンスです。
コリドラス全般に言えますが、同種は同種同士群れやすいので、広い水槽などで同種複数匹飼うと種ごとに群れを作ったりする姿を観察できておもしろいです。
他種混泳の場合でもレセックスは非常に存在感があるので目立ちます。

本日は山の更新でした。


マツブッシ―ペア!
有名な魚ですが、繁殖例はとんと聞かない魚です。
上記は雄個体。


こちらは雌個体ですが、立派サイズのマツブッシーは比較できる雄が居ないと、雌でも結構立派な髭モジャなので雌雄判断するのも難しいように思います。


並べるとわかりやすいです。
是非繁殖を狙って欲しいし、狙ってみたい魚です。



ロリカリアもお問い合わせ頂いております。
砂の上を飛んだり歩いたりする姿は可愛らしいです。
「歩いたり?」と思われる方は是非一度、実物を注視してみてください。
興味なかった人がそれでロリカリア大好きになったりもします。


カメレオンロリカリア系が観察しやすいウォーキングを見せてくれます。

山の更新でした。


人気が上がっていってるキンペコ系の中でも特に人気の高いシングー産です。


同便でも本当にいろいろな個体が混ざってくるので、ご来店されるお客さんはかじりついて選ばれます。
我々でも、撮影のために水槽から上げるとこんなの居たかなと思うほどの変化を見せている個体もおります。
上の2匹とかまさにそんな具合です。


こちらは良い具合の模様に良い体型をした個体です。
存在感あります。



血統を意識したブリーディングを考えなければ面白くて綺麗な個体達です。
単純な意味で白地は広いです。
こういう親個体を使ってどういうのが生まれるのかな?というのも楽しい試みです。



こちら、ブルーアイプレコ!
非常に人気の魚です。
一昔前はまるでおもちゃのようなベビーサイズが多数入荷しておりましたが、それらのサイズの方が稀になってしまいました。


親魚サイズは比較的目にする機会が多くなってきたものの、繁殖されたという情報はまだ聞かれません。
近年、同じくパナクエ属であるゴールデンロイヤルのブリーディングの吉報が飛んできておりましたので少し光明が見えたのではないでしょうか。
どなたか狙いませんか。
繁殖例のない魚を殖やすってすごいロマンありますよ。

以上、本日は山の更新でした。
ご好評いただいてますホワイトサブマリン(WSM)のプレコ産卵筒とプレコブロックですが、再入荷しましたので現行品は一通り在庫している状態となっております!




限定デザインのインぺ模様バージョンもご好評いただけてます!
が、飾っておく・・・というお客様も多いようです。
気持ちはわかります。


桃色Mサイズも残り少なくなりました。


以下は昨日に引き続きWSMのタカっちゃんブリードです。







以上3匹が、JUN×第一エースの子。

以下2匹がオマケさんブリードVerⅠ×JUNの個体となります。





またサンクらしからぬ?こんな魚も来ております。



既によくなついておりますのでペットにいかがでしょうか。
まずはCFホワイトロイヤル×ワイルドL333の個体。






サイズが4cm~5cmなので、これからどうなっていくかというサイズです。



黄色みが強い個体もおります。


続けてJUN×ダンプティーの個体。






こちら在庫は3匹ですがまさに三者三様といった感じ。


サンフランシスコ産ピクティ模様が、出て来ております!
人工飼料にもがっつりと餌付いておりますので、飼育もしやすいです。



ワイルド個体の餌付けは最初こそ苦労します。
ベビーとは言えどもシクリッド。慎重な感じがします。





こちらはインターメディア!
本種の証明でもあるバンドが出てきて一安心ではないでしょうか。
別種が本種として売られてしまっている場合も残念ながら未だにありますが、ご覧の通り、本種です。


非常に美しいキクラです。


こちらもしっかりグロウ餌付いております!


こちらは在庫分、再度撮影しましチョコレートた。


密に入り組んだ模様が美しいです。
見慣れたサイズからは一回りも二回りも大きいので迫力がすごいです。


模様いろいろおります。


金が強い個体もおりますのでお好みでお選びください。

山でございました。


ドラードキャットベビーです!
本種やピライーバなどにだいひょうされる南米大型ナマズの幼魚はフィラメントの長さも相まって独特な妖艶さを持ちます。
こんな小さな魚があんなでかくなるんですから、ロマンがあります。



現在は赤虫にも餌付いております!


オリノコ産のヒポストムスが入荷しています。
希少な魚とは言いませんが、見落とされがちな良魚です。
フォルムがめちゃくちゃカッコいいです。
体色も揚がっていく魚ですので大事に飼いたいところです。


こちらはマツブッシー。
海外ではメデューサプレコなんて呼び名もあります。
すごいしっくりきますが、マツブッシーの呼び名が親しみがあっていいです。


こちらは雌個体。
他種のブッシ-と比べると雌も立派にモジャついてる印象です。


ペアでの販売になっております。



少々前の事なんですが、店長の帰省のお土産でこんなものを頂いておりました。

飲んでみると「わさび・・・?あ、わさび」っていう具合です。
言われないとわからないってほどでもなく、かといっていやらしいほどわさびでもないので、話のネタに丁度良いと思います。
ラムネ好きなので、さらっと頂きました。

以上、山でした。